• タウリンの効果について

    「タウリン」とは、魚介類のカキやイカ、タコなどに多く含まれる成分で、アミノ酸の一種です。



    動脈硬化や糖尿病、心不全などの生活習慣病に効果があるとされています。

    タウリンは魚介類のイメージが強いですが、我々生きているものが、生命維持活動ができるように人間の体内にも多く存在している成分なのです。


    心臓や脳や筋肉や肝臓などの重要な臓器の中に高濃度で存在しており、消化系や神経伝達や活性酸素の抑制に大きく関わっています。

    一番、知られている効果は肝臓の働きを助ける効果でしょう。


    市販の滋養増強の栄養ドリンクにも含まれているのも知られていると思います。タウリンを摂取することでコレステロールが排出されて血流が良くなるので疲労回復にも効果があります。

    Girls Channel情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

    疲労効果でのイメージが強いですが、先ほど述べたように、膵臓の機能を高めるので糖尿病の予防や改善につながります。
    また、胆汁の分泌を促進する働きがあるので、動脈硬化の予防にも効果的です。

    また、目の網膜にも存在しており、目の疲労回復にも効果が期待できます。これだけ多くの効果が期待できるタウリンは、人間の体内でも合成されますが、それだけでは1日の必要量には達しないので、食事やサプリメントなどで摂取するとよいです。



    タウリンは、過剰に摂取しても、摂りすぎた分は体外に排出されるので、過剰摂取での副作用の心配はありません。
    1日800mm前後が良いとされており、毎日継続して摂取することをお勧めします。